選挙には参加してみるもんだ2 〜ウホッ!いいやり方!〜

no title ビバ!尼崎

選挙には参加してみるもんだ2

前回の”選挙には参加してみるもんだ”では

no title
選挙には参加してみるもんだって言うね
そうだ!選挙に参加しよう! フリーのライターのような事をやっていると言うこともあり時間がかなり自由に使えるので市議会選挙のお手伝いをしてきた時のお話を少ししてみようと思います。 この記事を読むことで 次に誰に投票しよう...

 

「せっこいなぁ〜」

と感じたことをメインで書きましたが、逆に

「やるじゃん!」

と感心した事も多々あったわけです。

SNSの利用

https://twitter.com/konotarogomame?s=20

日本で一番上手にSNSを使っているは、河野太郎さんでは無いか?と思うのですが、尼崎にもSNSをうまく使って政治活動や選挙活動をしている議員さんがいました。

ちなみに二番目にうまく使ってる国会議員は福島瑞穂さんだと思う

で、尼崎に話を戻すとち、ょっと鬼滅関連でやらかした事はあったけど

光本けいすけ議員です。

光本議員のツイッターを見てみると、調べた時にはフォロワーが3222人、ちなみに今回の選挙での投票数は5857票でした。

5857票のうち、1000票以上はフォロワーじゃないかな?と見ています。

フォロワー全員が光本議員を応援している方々で無いとしても、これだけで自分の地盤がどれだけ強いかもなんとなく計算できそうです。

アンチ光本や投票しない人、できない人がフォロワーに約半分いたとしても

1611票

は確実です。

尼崎は2000票入ればとりあえず安心、2500票入ればもう一安心と言われていますから、ツイッターのフォロワーから逆算しても残り500票を集めればとりあえず安心です。

さらにYouTubeを使って生配信をしたりと政治の見える化をしているところにも非常に好感度があがります。

また、2018年の台風21号の時にも素早い更新で避難所や給水所の場所をツイートしていたので、市民からするととても”良い政治家”と認知されたはずです。

いや〜この人は本当にSNSを上手に使っている・・・。

逆に、「切り抜きだ〜」とか何やかんやとオールドメディアに言ってる自民側は、なんやかんや言いながらオールドメディアに未だ頼りきってる感があって

「アホやなぁ〜・・・今時70、80の爺ちゃん婆ちゃんもスマホでSNS使いまくってるぞ!」

と思うわけです。

政治の見える化だの透明性だの言いながらやることやってない感ありありで、そりゃ維新に第1党取られて3番手になっちゃうわwっての(尼崎の市政の話ね)

共産党もなかなかやる!

SNSといえば、共産党もなかなかのSNSの使い手。やり手です。

光本議員ほどでは無いにしても更新が早く目線は共産目線とはいえドンドン情報を流していて、やる事やってる感があります。

前回の選挙に参加してみるもんだでも書きましたが、共産党のポスターはりも考え方では、なかなかやり手じゃねーか?なんて思います。

ヨボヨボ・・フラフラ・・・ピクピク・・・しながらポスターはりをしているお年寄りを見ていると、敵陣の私ですら同情が入ってしまったわけですから、少しくらい同情票なんてのも獲得できるかもしれません。

知らんけど。

そうそう、やり手といえば、選挙期間中は選挙ポスターやノボリが使えて候補者の名前や顔を一面にドーンと出したものが使えるのですが、選挙期間中以外は政治活動のポスターやノボリしか使えません。

んで、選挙期間中になる前に共産党候補者の事務所前を通った時

「うわ!これはやり手やわ!!」

と思ったのがデッカい政治活動用の看板を事務所前に掲げているのです、さらに選挙カーの顔写真とかを張っている場所にも政治活動用のポスター!

うわ!これは文句なしにやり手ww

全く問題なしじゃんww

選挙ポスターと政治活動用(政党)ポスターとは
選挙ポスターとは上写真のような候補者が一人一面にドーンと出ているやつです。
政党ポスターとは誰かと誰かが表示されているポスターです

こういう事をやらせたら共産党はやり手です。

そのほかの議員さんは・・・

全員をチェックしてるわけではなのですが、そのほかの議員さんもSNSを大なり小なり使っているのですが、更新が何ヶ月とか何年も前で止まっていたり、「誰々と会いました〜」くらいの報告しかしてなかったりと使えてないなぁ〜と。

逆に、選挙戦が終わった後にピタリと更新が止まってる議員の多い事!選挙期間が終わるった途端に更新が止まった議員をみるすごくシラケるわけなので、SNSを使う議員さんはご注意を!

その点、光本議員はコンスタントに投稿し続けてるのでこれかもドンドンフォロワーを増やして行くでしょう(維新とか本人に大ポカがない限り)

祭りにふさわしい!これが演出や!!

ここまではSNSを中心に見ていきましたが、アナログでもすごくやり手な党を見ました。

党名を出すとややこしそうなので党名を出すのは控えるとして、とある候補者が演説されている時に演説を聞いている市民の中から

「きゃー!〇〇さん−!ステキー!!」とか「〇〇さんガンバッテー!」

と熟した黄色い声が。

まぁ、支持者なんだろうけどすごいね!なんて思っていたらさらに驚くことがw

その候補者の選挙ビラを配り始めた途端に、なんかアイドルのサインでも配ってるの?ってくらい傍聴していたが有権者の方々がチラシを我先にと奪い合い始めるww

薄々気がついてはいたけど、こいつら全員サクラww

もちろん、サクラじゃない人もいるので我先にチラシを奪い始める集まりの中にいると、サクラに混じってる関係ない人も群集心理でついついチラシを取っちゃうだろうな!

と、群集心理を使った上手いやり方だなぁと感心しました。

もうね、こんな演出をやっている党の一番偉い人を私は尊敬するアーチストだと尊敬してしまいそうです。

だが、ちょっとやりなおせ!

残念だったのは、その候補者の演説が終わった途端に「きゃー!」と声をあげていた人とか、チラシを奪い合ってた人とかが、候補者と選挙スタッフと一緒にス〜ッと着いて消えていった事。

後、選挙スタッフが配ったチラシをサクラから回収していたりと、ちょっと〆が残念!

私が現場監督なら激怒しているところですよ。

次回は見つからなようにチラシ回収と、サクラのフェードアウトの仕方をもっと自然にできるようにしましょう。

あ!てか、それはルール違反じゃ!

なんて思っていたのですが、そういえば選挙スタッフは全員

選挙委員会から配られてるこの腕章をつけないといけません。(白い方)

サクラの方々が偶然に候補者の演説に出会っただけなら問題ないのですが、一緒について行って移動しているなら、もう、それは完全にスタッフです。

サクラの方々も腕章つけとかないとwww

選挙事務所に凸だ!!

さて、最後にやり手の話とは変わりますが良い話を一つ

今回の尼崎市議選では60数人という非常に多数の候補者が出馬していました。

支持する人が決まっているなら問題はないのですが、あまり選挙に関心のない人だとビジュアルとかだけで投票してしまうのではないでしょうか?

今回の選挙には私もスタッフとして参加していたので

「誰に入れればええねん」

なんてメールをよくもらいました。

もしあなたが、誰に投票すればいいのかわからず、知り合いに市政に詳しい人も関連している人もいなかった場合どうしますか?

答えは

気になる候補者の選挙事務所に凸しろ!

です。

選挙戦のある日、その日の選挙活動が終わって事務所でのんびりしていてスタッフや候補者と雑談をしている時に知らない青年が事務所に訪問してきました。

一瞬、なんだなんだ?と全員が思いましたが、よくよく聞くと

「政治について教えて欲しい」という旨の話。

青年の質問に一通り答え、青年が帰った後に

「あんな若い人がもっと増えて政治に関心を持つ人が増えて尼崎が変わればいいねぇ〜」

なんて話を候補者やスタッフとしていました。

と、言うように気になる候補者がいれば、その選挙事務所に凸ればいいのです。

朝の8時から夜の8時までは選挙活動で忙しく満足に話す事は出来ないと思うので夜の8時以降に訪問するようにしてあげてください。

怒られる事はまずはありません。

逆に訪問してきたことを怒って帰らすような候補者には、そもそも投票しない訳で市民の声を聞けない政治家を作らないで済みます。

もし怒って帰らされたらSNSなどで

「あいつ、質問に行ったら怒ってやがったぜ!」

とか拡散してやればいいのです。

そんな奴は絶対落選させるべきです。

で、凸して候補者とお話しする事で

  • 候補者と話すことで、その人の人となりがわかります。
  • その場で真摯に受け答えができる候補者ならうわべだけで政治家を目指していない人だと解ります。
  • その場で解答できなくても後日必ず必ず解答してくれる候補者ならあなたの考えを受け止めてくれようとしている候補者です。
  • 質問したら「チラシに書いてるので読んでね〜」なんてだけ言ってチラシを渡して返すような候補者はちょっと注意です。(そもそもチラシの内容が解らないから聞きに行ってるんですからね」
  • マニフェストに答えられない候補者は絶対落とすべき候補者です。
  • 怒って返すような候補者は、もう人としておかしいです。絶対落選させましょう。
  • もちろん、選挙戦の疲れで多少ぶっきら棒に対応される事もあるかもしれませんが、安心して凸ってみましょう!
マニフェストに対しての質問の仕方。
例えば「尼崎をみんなが満足して過ごせる町にしたい!」なんてうたってる候補者がいたとしましょう。まず、みんなと言っている時点で無理です。例えば、私はドロドロのルゥのカレーが好きですが友人はシャバシャバのルゥのカレーが好きです。ドロドロのルウのカレーを作れば私は満足ですが友人は満足しません。ドロドロとシャバシャバの中間のルゥのカレーを作れば二人とも満足しません。カレーだけで二人の満足いくカレーが作れないのに45万人も人口のある尼崎のみんなを満足させることなんか無理でしょう。とはいえ「尼崎をみんなが満足して過ごせる町にしたい!」と言う考えを持つ事は政治家として当たり前であり大切な事です。それを理解した上で、「どうなればみんなが満足したとお考えか?」と言う質問をしたり、「満足させるためにあなた(候補者)は何をするのか?」「(カレーの例のように)必ず対立する考えも出てくるが、どう対応すべきと考えか?」と言う感じで2段階、3段階深掘りしていく質問の仕方にしましょう。うわべだけでマニフェストを唱えてる候補者は2段階目の深堀でもう答えれなくなるはずです。

おまけ

ちょうど、この記事を書いてる日に尼崎の市報が届きました。

ペラペラっとページをめくると

今回の市議選で当選された議員さんの写真が!

だが、ちょっと待て!!この写真!!!

マオマオとワカワカの写真写りが悪すぎやしないか!!

実物はめっちゃ可愛かったぞ!!

撮り直し!!!

コメント

https://oremoyan.com/2021/07/01/%e9%81%b8%e6%8c%99%e3%81%ab%e3%81%af%e5%8f%82%e5%8a%a0%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%82%8b%e3%82%82%e3%82%93%e3%81%a0%ef%bc%92%e3%80%80%e3%80%9c%e3%82%a6%e3%83%9b%e3%83%83%ef%bc%81%e3%81%84%e3%81%84/
タイトルとURLをコピーしました