SIRANKE

世界の謎と不思議をややこしくする

路上検問中の警察官が未知の兵器で消される瞬間が撮影されていた

calendar

2019年路上検問中の警察官が消される!

2019年1月14日のデイリーメール紙によると
路上検問中の警察官が、なんらかの攻撃を受けて
言葉の通り

消される

と言う事件が起こった

事件の始終は警察官が乗っていたパトカーの車載カメラが撮影したものと思われる

動画のはじめに、警察官が一台の車を検問しているところから始まり
すると突然警察官が何か攻撃を受けたのか
突然光に包まれたかと思うと

次の瞬間には
警察官の姿は消え
警察官の立っていた場所には警察官の制服だけが取り残されている

くはしくは、動画をみていただこう
その動画がこれだ

👇





どうだろう?
ご覧いただいただろうか?

画像の荒い白黒映像なので、光り輝いた原因はもしかしたら
火炎放射器のような武器を使用したのか?

とも一瞬思ったが
動画を精査しても、車内から炎を放ったような形跡はみられない
また、動画の最後までみてもらえらばわかると思うが

警察官の人体は消失しているのに制服だけが残されている
もし火炎放射器なら人体を焼きつくすほどの炎なのだから
制服が残るとは思えない

もちろん、酸などの薬品でも人体を溶かす事は可能だが
これほど一瞬で人体を溶かすのは不可能であるし
衣類もボロボロになるはずだ

何より、酸などの薬品なら画像のように激しく光り輝くこともないだろう
と、なるとやはり考えられるのは

我々の知らない未知の兵器による襲撃を受けた!

としか考えられない!
では、一体、警察官の人体だけを消し去った武器はなんだったのだろう?

火炎放射器や酸と言ったものではないのは確実だ
何かヒントになるものはないだろうか?

大人気映画「ターミネーター」

ところであなたは大人気映画「ターミネーター」という映画をご存知だろうか?
未来の世界から殺人ロボットが現在にやってきて
主人公たちを抹殺すると言う映画だ

この映画でタイムワープをしてくる殺人ロボターミネーターや
ターミネーターを食い止めるためにやってくる未来人は
必ず素っ裸でやってくる

映画の説明では
タイムスワープをするマシーンには人体以外を通すことができないらしいのだ
ちなみに機械であるターミネーターは生きた皮膚で外装を保護しているので
タイムスワープできるらしい

これは何か、今回の警察官消失事件のヒントにならないだろうか?
ただあくまで映画ターミネーターは架空の物語だ
では、実際にターミネーターのようなタイムワープは
現在はできないとされている

だが、時間を超えるタイムワープではなく
場所だけど移動するワープではどうだろう?

一つ気になる話があった

フィラデルフィア計画


フィラデルフィア計画は軍艦から発する磁気を消失させて
敵の磁気センサーを無効にする実験だ

あくまで都市伝説ではあるが
磁気を消す実験に使われた軍艦エルドリッジ号に
磁気消失実験を始めた途端に

エルドリッジ号は青白い光に包まれたかと思うと
実験をみていた人々の前から物理的に消失し
実験を行なっていたフィラデルフィア沖から2500Km以上離れた
ノーフォーク湾に瞬間移動した

エルドリッジ号

と、言うのだ
エルドリッジ号は数分間ノーフォークに留まったのちに
再び青白い光に包まれたかと思うと
ノーフォーク湾から消失し

フィラデルフィア沖に出現

再びフィラデルフィアに出現した
エルドリッジ号を調査したところ

実験のために艦内にいた乗員たちは

脳に異常をきたした者がいたり
突然燃え出す者がいたり
艦の鉄板にめり込んでいる者がいたり
身につけていたものだけ残して消失していたりする者がいたり
半透明になったりしている者がいたり

とそこには地獄のような光景が広がっていた

と言うのだ
もちろん、フィラデルフィア実験という実験は実際に行われた実験で
艦がワープして人体が消えたり燃えたりと言った部分は
都市伝説と言われている

実験を行なった海軍の公式会見では
一切、そのような事例は報告されていない

また、フィラデルフィア実験で磁気を消失するために使われた
装置にエジソンも恐れたと言われる天才ニコラ・テスラ が
開発したテスラコイルが使われていたのも
都市伝説に拍車をかけたとも言われている

ニコラ・テスラ

このニコラ・テスラと言う人物は
当時では、あまりにも時代を先取りしたようなモノを発明している

もちろん今では当たり前に使われているものだが
例えば

ラジオや電動モーター
さらには、無線でモノを操作するリモコン

などだ

そしてニコラ・テスラを語る上で絶対に避けて通れないのが

世界システム


世界システムとは有線を使わずに全て無線で世界中に情報伝達や電気を送るシステムの事で
そのテスラの構想した世界システムを悪用すれば核兵器以上の破壊力を出すことが
できると言われ

さらに電気の力で空中を移動する乗り物を
世界中で飛ばすこともできると言うのだ

現に、ニコラ・テスラは電気の力を使って反重力を発生させる装置の開発に
成功したと周囲の人間に言っていた

つまりニコラ・テスラの発明は現在の我々の科学力をも超えたモノを
作り上げていた、もしくは理論的に完成させていたと言っての過言ではない

晩年のテスラ はエジソンなどと同様に霊界や異世界についての
研究に没頭したと伝えられている

そんなニコラ・テスラの作った装置がエルドリッジ号には搭載されていて
実験に使われたのだ

もしかしたら、想像とは絶するなんらかの事案が起こっていても
不思議ではない

話をターミネータに戻そう
映画とは単に娯楽の一つと思われているかもしれないが
実は国が国民をなんらかの思想に誘導するために使われる事もある

例えば1949年ごろアメリカで共産主義排除のために”赤狩り”が行われた
その当時の娯楽といえば映画である

赤狩りが行われた時には映画界では多数の共産主義を唱える映画関係者がHUACの圧力で
職を奪われ
また、上映される映画も共産主義思想が入っていると思われるものは
全て排除された

逆に上映された映画は国民の戦意を向上させて
アメリカNO1、アメリカはNO1でなくてはならない
と思わさせるような映画で溢れかえった

このように史実として、映画は民衆をなんらかの思想に誘導させる
目的て使用されることもある

では、ターミネーターはどうか?

ストーリーを注意深く観てみると
タイムスワープの話がそこはかとなく語られる

人体以外は通れない
タイムワープ中は激しい苦痛にみまわれる

などだ

今回、警察官が消失した動画をみると
一瞬、光り輝くのだが
なんとなくターミネーターのタイムワープした時のシーンに
似てないだろうか?

ターミネーターも激しい光と共にタイムワープする
また、激しい光を浴びた途端
警察官は激しい苦痛でも襲ったかのように
苦しみ倒れる

まるでターミネーターのタイムワープとよく似ているではないか!
つまりターミネーターではタイムワープをおこなうと
どうなるのか?
と、いうのが実は庶民に対して語られていたのではないか?

と、いうことは
ターミネーターが上映された1984年当時にはもはやタイムワープを
おこなえる装置が開発されており
実際にタイムワープがおこなえたのではないか?

「そんなバカな!」

と思われるかもしれないが
実は今回の警察官消失事件を報じたデイリーメールの
2019年1月23日の記事に
面白いものが書いてある

それは

2019年1月23日 デイリーメール
アメリカ合衆国政府はレーザー光線銃やワープ装置、などの開発に成功していた
という記事だ

もしかすると
警察官消失事件の動画は国防機密を持ち出した犯人を検問中の警察官が
運悪く国防機密であるレーザー装置やワープ装置を持ち出した逃走犯に
検問してしまい

逃走犯が、手に持っていたレーザー銃、もしくは
小型のワープ装置を警官に向けて使用したとは思えないだろうか?

レーザー銃だと、警察官の服は燃えてなくなるはずなので
ターミネーターの話と合わせて考えると
ワープ装置を使用したのだろう

知らんけど

Special thanks

https://www.dailymail.co.uk/news/article-6589221/Bizarre-moment-police-officer-appears-teleported-skies.html

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す